野球オリックスみどころ楽しみ方

私の好きなチームは野球ですけどオリックスバファローズです。プロ野球に所属しているチームの12球団の中で一番優勝から遠く離れているチームで22年前に優勝以来優勝から離れています。今年はFAなどでエースピッチャーの西投手や金子投手打者では中島選手などが他球団に移籍していきました。西投手は阪神に行き人的補償で来た竹安投手がその代わりになればと期待を膨らませています。今年に限っては戦力がかなりダウンしてそれこそ若手がその出て行った選手の穴を何処まで埋めてくれるのか期待をしています。特に昨年セットアッパーのポジションに付いて新人王を争った山本投手に関しては、この先発ピッチャーが二枚抜けた影響も有り先発に転向する事となりました。まだ先発としては新人時代に1勝を上げただけでそれこそスタミナに多少の不安がありますが、持っているスピードボールは練習試合とはいえ155キロを超えるスピードを出していました。それこそ次世代のエースに期待がかかります。打者の方と言えば、やっと昨年規程打席に到達した吉田選手です。彼は振るスイングが特徴の素晴らしい千種ですが、中々腰痛を抱えていて実践で80試合ていどしか出る事が出来ませんでした。昨年は規程打席に合わせて打率も3割2分でホームランが26本とステップアップする前の段階としてはかなり素晴らしい好成績を挙げています。今年は4番に座り30本塁打は確実に打ってくれそうな勢いだと思いますし、その周りを打つ外国人のロメロやマレーロ新加入のメネセスなど中々良いスタートを切っています。特にメネセスは実践が始まり7試合連続でヒットを打つなどアベレージの方も期待が持てる選手となります。投手の方では昨年左ピッチャーが不足している中でドラフト1位指名した田嶋選手が新人ながら6勝を上げていて、昨年加入したアルバース投手も9勝をして防御率も2点台と安定をしています。こうしたピッチャーがしっかりと結果を出して、クローザーの増井投手までつなげば勝利の方程式は出来上がります。昨年は4位と残念なシーズンとなって今年こそはと思いましたが、思う様に選手の補強も上手くいかずそれこそ次の世代にバトンタッチをする入れ替わりの時期になります。しかし指導者なども入れ替わり今年は監督も交代して西村監督は昨年のヘッドコーチから監督に上がりました。昨年と違った野球が観れそうで期待もしているのでとても楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です