K-1の楽しみ方!感想みどころ

私はK-1が大好きだ。きっかけは、去年3月新生K-1初のケーズフェスタという、でかい大会があり、主人が観に行きたいと言い出したことだった。私はさほど乗り気じゃなかった。もうすぐ試合と言うときに、選手たちが試合に向けて会見を開いていた。スマホの画面を何となく見ていたら、1人の選手が礼儀正しく一礼をした。素敵だなぁと見ていると、耳に補聴器をつけていた。私はすぐにその選手について検索した。彼の名前は郷州正宣選手。年は私と同じで親近感を覚えた。生まれつき難聴で、セコンドの声も、審判の声も、声援すら聞こえない。そんな状況でK-1をやってるなんて!私はどんどんその選手が好きになり、SNSでもコメントをした。すると、コメントを返してくれてすごく嬉しかった。私がもっと驚いたことがある。私は北関東の田舎に住んでいる。ある日その選手は、仕事で私の地元に来るとSNSに書いてある。嘘だ、これはもはや運命だと本気で思った。地元で会ったときも、すごく優しい人だった。そして去年の3月、K-1を初めて生で見た。K-1にも、必ず憎まれ口を叩くヒールがいる。大阪の皇治選手だ。大阪から皇治軍団が来ていて、声援がでかいことてがいこと。郷州選手も出てきた。聞こえなくても、声援が届くようにいっぱい応援した。そしてK-1のカリスマ武尊が出てきた。K-1のチャンピオンが入場してきたら会場のボルテージ全開。私もキラキラ輝く強い武尊にノックアウトされた。この日はトーナメントで三回買った人が優勝。この日絶好調だったのが、空手家小宮山選手。空手って卜部兄弟もやってたけど、K-1にすごく有利みたい。その時妊娠中だった私は、お腹の息子に空手をやらせようと決意した。トーナメント決勝、空手家の小宮山選手と武尊の一騎討ちになった。やっぱり武尊は強かった。この日、武尊は3階級制覇をし、勝つと見せてくれるバク宙が見れて興奮した。遠くの方に、応援に来ているユージがいた。ユージは遠くても濃いからすぐわかる。武尊の仲良しの三浦翔平やONEOKROCKのたかも来ていた。試合が全部終了し、大きな声で武尊を呼ぶと笑顔で手を降ってくれた。もうK-1に心を持っていかれた。興奮冷めやらぬ私と主人は、駐車場へ向かった。歩いているとたまたま、卜部兄弟のひろくんが帰るところで、ひろくんの車が隣をゆっくり通った。きれいな女性を乗せていて、今思うとたぶん結婚したモデルの高橋ユウちゃんとメアリージェンだったと思う。K-1面白いからぜひ一度見てみてほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です